<< Nobody knows anything. | HOME | aNOther happy days_2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
aNOther happy days_1
JUGEMテーマ:日記・一般
 


ようやく、なにかと落ち着いてきました
こころは、まだ全然やけど
環境が落ち着いてきた気がするので
ぼちぼち更新しようと思います

今日からすこしずつYとのこと、このGWにあった出来事を
書いてUPしていきたいと思います
が、あくまでこれは
自分との対話・細かなところまで忘れないためのキロク
なので、つづきを読む方は
そのことを念頭に入れといてほしいです



 
■4月28日■

朝7時ごろ、Yがなつこ家へ到着
約20日ぶりに見るその顔
Yは普通そうやけど、なつこはなんだか気恥ずかしい

Yは着いて早々、なつこん家でのいつもの楽な格好に着替え
なつこといっしょにベッドへ入る
ハグやちゅうをする
久しぶりに触れる肌や匂いに
愛おしい気持ちでいっぱいになる
Yは身長183造如△任盞擇い里任垢瓦細い
でもお腹割れてるし、超力持ち
それがかっこいい
細い骨格に腕を回す
余るあたしの腕の長さが、どうしようもない二人の距離のようで
なんだかもどかしかった
もっともっとくっつきたかった

・・・

夜行バスで来たYは、お疲れの様子
一旦いっしょに寝て、10時ごろなつこだけ起きて
お化粧したり、洗濯物干したり家のお片づけをする
そのあと、PCを使った仕事をちょっとする
そしたら眠くなってきたので
14時ごろ、Yの横にもぐりこんでまたいっしょに寝る



すると突然
ものすんごい音がして、ぼやぼや目が覚めた
最初になつこが思ったのは
アパートに外付けされてる2階に上がるための階段が
倒れ落ちたのかと思った。そんなこと、あり得ないけど
それぐらい、ものすごい音に聞こえた

だんだん脳みそが起きて、考えたのは
誰かがチェーンをしたなつこん家の扉を
それを知らずに勢いよく開けて
チェーンに引っ張られた音だと分かった
そしてその扉を開けようとしたのは、ゆーちだと思った
その瞬間、一気に目が覚めた



・・・2へ


| aNOther happy days(キロク) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://natsuco-i.jugem.jp/trackback/319
TRACKBACK



i am not an innocent but a girl.

凸凹にゆれる日々
いつだっておんなのこしてる
それをキロクする、とりあえず自分のために

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
カール・ウルフ
カール・ウルフ (JUGEMレビュー »)
カール・ウルフ,カルチャー
Africaサイコー
Sugarless GiRL
Sugarless GiRL (JUGEMレビュー »)
capsule
Starry skyサイコー
イロハ
イロハ (JUGEMレビュー »)
チリヌルヲワカ
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode